HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

リユース

 

台北で巡った新築の建物で記憶に残っているのは、北投の図書館(休館日で入れなかったけど)、台北101ぐらいなもので。建物がよかったってわけではなく、記憶に残ってるだけなんだけど。101は、ずいぶん残念だったので特に。

文化施設的なスポットをいくつか見て回ったのだけど、印象的だったのは古い建物を転用してる箇所が多かったということ。リノベーション文化は、日本よりもずいぶん進んでました。とはいえ民間が力を入れているというよりは、古くからの公的施設が結構残っていて、公的機関がそこを戦略的に活用していこうとしている感じ。このムーブメント、日本にはない。

一番印象的だったのは、おそらく一番後発と思われる松山文創園區 。
とにかく環境が圧倒的。

1937年に建設されたタバコ工場をリノベーションして、現在は台北デザインセンターやデザインミュージアムが入居するデザインスポットに。 現在は周辺を超大規模に開発中で、入り口が分からず…。工事現場に居た人に声をかけて、裏から入れもらうなど。

デザインミュージアムのコンテンツはすごい荒削りだし、どこぞの学校の卒業制作展みたいなのをちょくちょくやっていたり。まだまだ活用仕切れていない感はあるけど、周辺の開発が進んで新旧のマッシュアップが実現すれば、面白い場所になるんでしょうね。
それにしても、工場とか倉庫とか。こういうビルディングタイプってクリエイティブ産業と結びつきやすい。ニューヨークのSOHOや、発電所をリノベーションしたロンドンのテートモダン、造船所だった大阪クリエイティブセンター。SANAAの事務所も天王洲の元倉庫だったか。
箱としてニュートラルだからだろうか。広い場所があれば、後のコンテンツは建物の物理的条件と切り離して考えることができる。そういうことだとすれば、建築の意抽象化は今後もっと進んでいくのだろうなぁ。

こちらは華山1914創意文化園區。1914年、日本統治時代に建設された酒造会社の工場。

これは、台北當代藝術館。こちらも日本統治時代に、小学校として建設された建物。

いろいろありました。どれも中身はまぁ、置いておいてといった感じ。
建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Y+T MOCA

きっかけは、ご本人から表現に自らの作品を大量に寄付したいとの申し出だったそうで。その数、作品・資料含め3000点以上と。この経緯だけでも凄いのだけど、それを、既存美術館を改装した場所にあらたに美術館を設けたというスキームに興味がいくところ。

会館当時から気になっていた、横尾忠則現代美術館に行ってきました。

建物はかつて、建築家・村野藤吾さんが設計した原田の森ギャラリー(旧兵庫県県立近代美術館)西館を、外観はほぼそのままにリニューアルしたもの。
縦方向の構成は、1階を透明性の高いエントランス空間、2階以上を閉鎖した展示空間にしていて、オーソドックス。それがそのままRCの巨大なボリュームを持ち上げるという立面の表現になっています。

面白いのは、そのボリュームをピン接合で受けていて、接合部を表出させているところ。巨大なコンクリート塊を思わせるボリュームが、不安定な接合で“載っている”ような感じです。

展示は、横尾忠則作品の洪水。初回展示のテーマである「反復」をうまく理解できる構成でした。1人の作家に焦点を当てる美術館として、これからのキュレーションに期待です。

運良く当日、ご本人がライブペインティングされていました。クラシック音楽のBGMと相まって、モダンな空間が荘厳な場所へと変貌。ライブのもつ力、すごい。
建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

鶴ヶ島

 ちょっと東京に行くことがあったので、ヒカリエの8階にも行ってきまして。目的は、東洋大学の設計課題の展示を見ることでした。
鶴ヶ島プロジェクト。 仕掛けた人、建築家の藤村龍至さん。
プロジェクトの概要はFacebookのオフィシャルを参照。

建築というものは、その社会的インパクトの大きさから、過去様々な政治戦略のツールとして使われてきました。建築が“大きくて重い”(引用元)がゆえに、です。

建築にはそういった側面もあるということを、学生もなんとなく雰囲気として感じているのだけれど、いまいちリアリティがない。対戦相手が大きすぎて、どうやってコミットすればいいのか分からないというのが、ボクの学生時代の正直な気持ちでした。で、結果向き合わない。

そこを、「役割分担」という仕組みを導入し、大きな「公共」へとうまく大人の手で導きながら、市民も巻き込んで解決策を考えるプロジェクトとして構成した手腕は素晴らしいと感じました。

藤村さんはこう言います。「日本で一番の建築家は、田中角栄ではなかったか」と。この言葉がもつ意味を、改めて考える時期なのでしょう。「公共性」なんていうと、みんな構えちゃうんですけどね。結局それって、自分の身の回りで起こっていることを、自分のこととして考えられるかどうか、ってことなんじゃないかと思ってます。

福岡伸一さんが著書『世界は分けてもわからない』で、書かれている言葉に、あぁ、そういうことだなぁと思ったのでした。

「私の感じてる疑問や問題は私が取り組むべき」
建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

高知

連休は後半2日でバタバタと高知県を回ってきまして。主目的は脳内リフレッシュ。懸案事項その他諸々をいったん全部忘れて、リセットできる時間をつくるために。
読書、はしなかったのだけど、ボクにとって旅とはそういう時間になりつつある。日常が、日常でなくなってきてしまっている証拠。

初日は高知駅、中村駅リノベーションを見て回り、いちばん遠く、足摺岬に行ってみたり
とさくろしお鉄道 中村駅。設計したのはnextations。2010年度グッドデザイン賞

ふるい駅舎の部分改修なのだけど、この、直接的な機能を持たない待合空間が素晴らしく絵になる。少ない予算の中で、設計を請け負った3人がこの空間にいかに注力したかがビシビシ伝わって来て素晴らしかった。それ以外は、ローコストに押さえたDIY的な改修。
それは、施設の中のデザイン・コア、とでも呼ぶべき空間かもしれないな、と。プロフェッショナルが介入する絶対的領域と、使い手が介入できそうなスキのある空間の対峙。場所を長く使いこなしていくためのアイデアがあるデザインだと思ったのです。

最近、環境共生のまちとして有名な檮原町へも行ってみました。当然資金的なチカラの入れようも違うのだろうけど、まちの「本気」が伝わる雰囲気はあり。建物も、雲の上のレストラン、同ギャラリー、町役場を見て回って、いちばん印象的だったのはコレでした。
まちの駅ゆすはら。設計したのは隈研吾建築都市設計事務所。

ずばり、茅葺きのファサード。

イロモノ、なんですきっと。だって、茅葺きが立面として立ち上がってしまってるのだから。荒く削ったままの丸太を自然木のように使ってみたり、対比して鏡面ステンレスやメタルメッシュを使ってみたり。作り方としてはモダンそのもので、狙いすぎ感はありつつ。

でも、この茅葺きは単なる表現じゃなく、きちんと室内に“貫通”するようにつくってある。壁が呼吸するようにできてる。
自然素材をこれ見よがしにデコレーションとして使うのも良いのだけど、多少メンテナンスは面倒でも、きっちりとその「機能」を捉えて、エンジニアリングへと取り込む手法は、なんだか良いなぁと思ったのでした。
手の掛かる建物を、手を掛けて育てる。これは、これから使えるかも、と。飾りじゃなく、知恵としての自然、素材。
建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

ひろば

熊本駅前にて、対照的な、2つの広場。
ともに過去から脈々と続く、熊本アートポリスのプロジェクト。

まずは東側。

1枚の大きな板に穴を開けて、パタパタと折り曲げていくプレゼンテーションを学生の時見たのを思い出しました。あの映像、何度も繰り返しみたなぁ。
駅舎から続く“空間”として捉えれば、機能的だしわかりやすいし、ギミック感もある。
土木的な、広場的な広場か、と言われるとちょっと違う。いろいろ遮るモノを構成しているので周辺の環境と、駅とをつなぐ緩衝領域としての意味合いが強く押し出されていて、極めて“建築的”な広場。

西側は、おおきなしゃもじ。

上から見ると、駅舎がなにかしゃべってるような、漫画の吹き出しみたいな、そんな不思議なカタチです。
大きなその屋根は、物質感も重量感もしっかりあるのだけれど、実際に下に入ってみると思ったほど重たくはない。ドレンが1つ。大雨の時は…駅直近の箇所は屋根として機能しないでしょうね。吹き降りで濡れちゃうんじゃないかと。まだ暫定形、平成30年に既存駅舎を撤去して広場が完成するとのことなので、さてこれからどうなるか、ってところ。

東西で、かなり正確のちがう“広場”を体験できます。内包するプログラムも違うので、どっちが正解か、並列して評価することはできないけれど、個人的には西側の、このあっけらかんとした感じが好きだったりします。
建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

蔦屋

出来る前からその立地が気になっていた場所へ。いわゆるトーキョーとはまた別世界な場所、代官山。ヒルサイドテラスの空間性がその、良い意味での特殊性に寄与しているところは大きいのだけど、これもまたその空気感を壊さず上手いこと建っていました。

「T」を反復させた外皮は、クライン・ダイサムのお家芸とも言えるポップさ全開の様相…と思っていたら、意外にも落ち着いた柔らかな印象。敷地をリッチにつかったボリューム配置と相まって、イイオトナ感が出まくりでした。
初めて行くにはちょっと敷居高い感じがするけれど、一見さんより常連さんがターゲットなんだろうし、これはこれでいいんでしょう。
個人的に気に入ったのは、蔦屋書店2階のラウンジ(のカウンター席)。

クローズされた方に向かってゆったりとした階段を上がると、頭上には大きなトップライト。それを囲うようにカウンターがあって、ラウンジスペースがあって。たぶん、ヘルシンキのアカデミア書店にあるカフェ・アアルトを参照してるんじゃないかと思うんだけど、ボクにとって心地良い場所でした。

場所が場所だけに、単価は高めの設定です。ちなみに。

建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

木目

自然のものってきれいだよなぁと思う反面、不気味だったり、ゾゾゾっとしたり、まぁ色々なものがあるわけで。
 
いやでもコレは久しぶりにずっと見ていたくなるほどきれいだった。
 
徳島県産の杉材。住宅の柱に使ったものです。
 
中心に近い部分は赤みが強く、外側が白い杉の木。その中間領域、徐々に色が切り替わっていくところ。ちょっと離れてマクロに見ると、意外とバシッと切り替わってるんだけど、近づいてみるとすごく繊細に、シームレスに色が変わっていく。
 
これはどうがんばっても、ボクにはつくれないなぁ。
しばらく見とれて、ふぅっと、一息ついたのでした。
建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

海幸山幸

ちょっとした用で宮崎県へ。

実は宮崎、初訪問。空港に降り立ってすぐのヤシの並木に南国ムードを感じて。
チキン南蛮発祥のお店行ったり、地鶏食べたり。食べて飲んでばっかりの最近ですが、気持ちはしっかり。
海幸山幸号。

廃線の危機にあったJR日南線。そこを走る観光列車。デザインはもちろん水戸岡鋭治さんで、地元の名産である飫肥杉をふんだんに使ってある。なんと、外装にも。日に焼けたり、風雨で色が飛んだり、時間や環境によって変化する杉のいろんな表情がそこかしこに。

中はこんな感じ。

この車両、元々は台風14号で壊滅的な打撃を受け、復旧されずに廃止になった高千穂鉄道のトロッコ列車。それをJR九州が買い取り、改造したものだそうで。 ここまですると、一からつくった方がきっと安いのだろうけど、それを敢えて実行するJR九州の心意気たるや。

これが鉄道のデザインとして“正しい”のかどうかは分からない。けれどその、時間の積み重ねを大切にする姿勢、入った瞬間にかすかに香る杉の香り。文字通り海と山と、暖かな木目に囲まれて穏やかな風景の中を走る体験は素晴らしい。そしてなにより、それがココにしかないもの、であること。

鉄道オタクではないボクにも、グッと来るもの、考えさせられるものがある。

杉つながりでここにも。
日向市駅。設計した人、内藤廣。

これまた地元産の杉。変断面集成材を横架材に使った、スチールとの混構造。

元々、杉という木は柔らかく、構造材にはあまり向かない。加えて宮崎県の杉は、その温暖な気候から成長が早い分、キメが細かくなく、繰り返し荷重で変形しやすいんだろうと思う。だから、これはつくるのむずかしかっただろうなというのが容易に想像出来る。

内藤さんはこう言ったそう。「デザインは好き嫌いがある。でも、安全は絶対です」と。
それほど使うのがむずかしかった材料を、性能試験をして使えるところまで持って行ったのは、地元の想いが強かったらからだという。

出来たコトだけに満足するのではなく、その想いに応えるように、きちんと全てがデザイン処理されていて、清々しい。

駅舎ばかりが注目されるけれど、町をあげての3大事業をミックスして実施した行政手腕にも注目しないといけない。そしてこの広場。駅前に商業を置くのではなく、市民が集まってイベントができる広場を計画する。
ふつうにね、学生のコンペのように、自由に考えるとこういう計画ってスッと出てくる。でもそれを実現するのがむずかしい世の中。資金と収益が見込めないと、事業性はないと判断される。そこを乗り越えるチカラ。

駅舎だけじゃなく、広場も、高架の構造も、再開発事業も目指す方向が一緒で明快。
プロジェクトを進める組織論についても、学ぶところが大きかった。
どこでみんないい顔してる。「信頼」という言葉が身に染みた2日間。
建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

聴竹居

朝から京都方面へ向かいつつ、手前の山崎で電車を降りる。

前々から行きたいと思っていたものの、予約制だと聞いて億劫になっていた場所へ。後輩がすべて段取りしてくれて、楽ちん。竹中工務店が出版してる実測図集も手に入れて、準備万端。
聴竹居。設計した人、藤井厚二

丘陵地の中腹に建つその住宅は、1928年に実験住宅として建てられたもの(1930年に下閑室を増築)。当時はまだまだ珍しかった冷蔵庫、電気温水器、電気釜など最新鋭の家電を盛り込みながら、最初の“環境共生住宅”と呼ばれるほど風や温熱の環境に配慮された設計になってます。

この時代に、聴竹居はもっと工学的にみておくべきと思ったのも偶然ではなく。パッシブに環境を成業することを、また思い出させてもらったのでした。

思い切り良い材料を使って、当時日本にはなかった家電を導入した住宅はほんとにゼイタク。絶好のロケーションも手伝って、「縁側」と呼ばれる聴竹居どくとくの空間がほんとに気持ちいい。
デザインの密度、集中力も素晴らしく。6m1枚もののフローリング、木目をあえて斜めにつかった鴨居。木材は80年以上たっても全くゆがんでない。同じカタチした丸い天井の照明器具は、天井高の違いによって、ほんのわずかにサイズを変えてある。なんと、木製サッシを止めているマイナスビスは、その方向が全てそろえられていました。

ただまぁ、過剰かな、という印象もあり。タウトが褒めなかったというエピソードも納得感あります。

家電で目が飛び出るほどの電気代を使いながら、かたやパッシブな環境制御を目指す、というのは一見矛盾しているようにも思えて。クーラーという文明の利器が当時存在していたならば、藤井厚二はまた違った設計をしたのだろうかと興味もわいてきたり。
とにもかくにも、いろんな意味で上質なイイ空間。

建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

バウハウス

そこが目的、というわけではなかったのだけど、ベルリン滞在中にやっぱり行っておきたかった場所。

日本を離れる直前に、あの校舎の中に泊めてもらえることが分かったのでメールを送る。出発までには間に合わず、返信を待って現地で予定を組んだから、7日間の旅行のちょうど真ん中の日に、1日だけベルリンを離れることに。ベルリン中央駅から電車で2時間弱。デッサウという街へ。
バウハウス・デッサウ。のある街。
バウハウス校舎の中です(撮影には許可が必要です)。もともとワイマールに設立されたアートと建築の総合学校。後にこの地に遷ってきた時に、当時の学長であったグロピウスの設計で建てられたのがこの校舎でした。
泊めてもらった部屋。デスクとイスはトーネット、もちろんブロイヤーのデザイン。

かつては学生のアトリエだった場所。ほんとにあの、校舎に併設されてる建物に泊まることが出来ます。広くて四角い部屋に、キャビネット、ベッド、デスク、洗面のシンプルな設備。シャワールームとトイレはフロアごとの共同。ただの四角い部屋、でも、高い天井と特徴あるカラーリング、大きな開口部に、“あの”バルコニーが、あぁ確かにここはバウハウスだなと思わせる要素としてあって、そして心地良いシンプルネスがある。
有名なバルコニー。

経済的で合理的で効率的で機能主義的な思想がそこにあったことは紛れもない事実で、“バウハウス”というとまさにこの文脈で語られることがほとんど。そして、ドイツデザインの堅牢さ・実直さと合わさって、合理的であることがそのデザインの魅力として捉えられていることがほとんで、まぁそれは実感としても間違いない。

勉強不足だったのもあるのだけど、面白かったのは設立当時からその思想がずっと継続されているわけではない、ということでした。元々は、そこにもう少し手工業的・神秘的なエッセンスがあった、と。
この校舎に表現されているものがあまりにも強いインパクトを持っているのだけど、思想やイデオロギーは、時代や社会情勢に併せて少しずつ変化してる。そこに身を置いてみて、合理的であるだけではない“何か”が感じられたのは、そのせいかもしれない。
そしてまだ、バウハウスは現役の造形学校として、生きています。

なにはともあれ、あこがれの場所に寝泊まりし、日差しが心地良い半地下のカフェテリアで、ネットサーフィンしながらビール飲むなんて、幸せな時間。ガイドツアーの時間も無視して、至福の空間に身を沈めるのでした。
あ、飲んでばっかりいたわけじゃなく、ちゃんと、マイスターハウスへも行きました。旧市街の方も、ブラブラと。

バウハウス宿泊の方法は、こちらを参照してください。メールを送って、返事を待つだけ。
もし、詳細知りたい方いらっしゃいましたらメールか、コメント欄にリクエストでも。
建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"