HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< 瓶 | main | 祈り >>

基本原理

余裕のない毎日だけど、そんな時間の過ぎて行き方にツイッターというメディアが割とぴたっとハマっています。タイムラインに流れる玉石混淆な情報が、手っ取り早く脳みそを活性化してくれる。

この本もそう。デザイナーの山中俊治さんがつぶやかれていて興味をもったのが読み始めたきっかけ。「何度これに救われたことか」という言葉を見て、本に救われるとはどういうことか、とも。
「アイデアのつくり方」ジェームス・W・ヤング

たぶん、僕がこれまで読んできた本の中で、一番(物理的に)“薄い”。それが手元に来たときの驚きの第一印象でした。それだけでもかなりのインパクト。
余計なことははほとんど書かれていなくて、訳者のあとがきまで含めてもほぼ100ページ。そのうちヤングさんの書いた部分は57ページ。1時間もあればさくっと読めてしまいます。
読後の、そのズバリ感がまたかなりのインパクト。

「アイデアは新しい組み合わせである。」
ヤングさんはそう書いています。そしてそれを実現するための5つのステップも、ものすごく簡潔。
自分の中からアイデアがわき上がってくるプロセスや、アウトプットしたものを改めてロジカルに見直したことはなかったのだけど、割と思い当たる節があるのです。
アイデア抽出をシステマチックにやるための本ではありません。ただ、アイデアが、ごく一部の天才のものだけではないと分かるのは、まさに“救われ”ます。

日本語版の初版は1988年。それから23年の月日が経ってもまだ、内容が古びれないというのはまさに真理を突いているから出はないかと思います。
後半の、竹内均さんによる解説がまた素晴らしいです。そちらも一読の価値あり。
書物 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

僕の資料集めはHASH BLOGからはじまる。気になるデザインリーダーの一挙手一投足は僕のチャートとなっています。以前紹介された「ビューティフルピープル、パーフェクトワールド」も急いで買いました。今回の「アイデアのつくり方」も早速読もうと書店へ向かいかけたのだが・・・まてよ・・・書棚をみればすみっこにありました。黄土色のカバーがかけられていて、その表紙カバーを外せば写真の本がありました。1988年初版第4版でした。ただ、すでにボケかけているので内容はすっかり忘れております。再読して納得。最後のあたりに出てくる竹内均さんの言葉に感銘を受けました。「方法論や道具に凝ることなく、直ちに仕事を始めよ」
きしん | 2011/03/08 3:41 PM
>きしんさん
デザインリーダーだなんてとんでもないです。
興味のあることを拾っては食い、食っては消化しているだけですしね。
僕も知らなかったのですが、かなり有名な本のようですね。「デザイン思考」という方法論も、現在のクリエイティブに対する考え方も、この本がずいぶんと下敷きになってるなぁと感じます。
ほんとうに、竹内均さんの解説の方が心に残っているぐらいです。今こそこの言葉を、実行すべき時なのかもしれませんね。
hash | 2011/03/12 11:52 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/923
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"