HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< 打ち水 | main | どこにあるの? >>

モテキ

ボクのモテ期っていつだったんだろう、幼稚園時代なんだろうなぁ。なんて読む前にかるくストレッチして。

ドラマ化されて、ほぼ日でも取り上げられ、まわりからも薦められ、おもしろいと評判のマンガ。閉店間際の本屋さんに駆け込み、大人買いして一気読み。
 『モテキ』 描いた人、久保ミツロウさん。

もう少し、じっくり読むべきだったかも。糸井さんが「もっと読みたかった」というのも、分かる気がします。作者である久保さんの洞察力というか、観察力というか、もしくは多大なる想像、妄想か。妙にリアリティがありながら、どこか破綻してるのが面白い。

それにしても、読後感はひたすら悶々とした感じが残ってる。煮え切らない、スカッとしない。なんだかテーマを自分自身に突きつけられてるような居心地の悪さもあり。でもそれだけじゃない。
でもまぁこのマンガは、その悶々具合がイイんだと思います。
ストーリーの確信も、モンモンモヤモヤ、だと思うので。

うーん、モンモン。もう一回読もう。
書物 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

気になる(笑)今週末だよね。どこ集合になるかな。マンが読みたい欲求が、むくむく。
Yun | 2010/07/26 8:25 AM
>Yunさん
今ドラマもやってるから、そっちも気になるよ。
hash | 2010/08/01 9:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/867
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"