HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< 寄せ木 | main | 打ち水 >>

デザイン思考

ようやくこの本を読み終わって。
内容を咀嚼しながらふつふつと湧いてくる疑問を、ツイッターでブツブツとつぶやいていたら、何人かの方からリツイートをもらい、久しぶりに脳みそが活性化中。
『デザイン思考が世界を変える −イノベーションを導く新しい考え方−』
書いた人、ティム・ブラウン。

『発想する会社!』『イノベーションの達人!』に続く、IDEO関連の本です。前著2冊に比べて、極端に図版が少なくて、写真もなく、もちろん1色刷り。これは何か違うぞ、という予感が、読み始める前から。

「デザイン思考」って、そのネーミングから、デザイン的な思考をすること、もしくはその思考そのものと思われがち。いや、そういう解釈ももちろん広義にはOKなんだけど、ここに書かれているのは、“方法論”としてのデザイン思考なのでした。

どうすればIDEO的な仕事の仕方ができるのか。イノベーションを起こす仕事ができるのか。曖昧なところは出来るだけ少なくしながら、論じられています。
デザインという行為のブラックボックス性、ある種のファンタジー性を、“のりしろ”としてどこかに残しておきたい気持ちで読むと、なんだか丸腰にされた気分になって、それがなんとなく違和感というか、モヤモヤと引っかかります。もちろん本で語られていることは明快で、この違和感・モヤモヤは悪い意味のものじゃない。

では、なにか。というところを考えています。

たとえば“建築的思考”もしくは“建築設計思考”という言葉が、建築屋の職能として成立しうるかどうか。うーん、まだなんとなくモヤっとしているぞ、と思ったのです。それは、建築的思考がまだ方法論ではなく、概念のレベルだから、なんだろうなぁと。どっちが良いとか悪いとかじゃなく。

そこで思い出したのが、藤村龍至さんの「超線形設計プロセス」だったわけです。設計プロセスについて、藤村さんほど割とハッキリ方法論を語っている人は、あんまり思いつかないん。もちろん「超線形〜」だけが建築的思考ではないですが、デザイン思考という方法論と、建築設計の方法論が、ある意味“見える化”されて対峙してる構図がボクの中で出来上がったわけです。
なんてことをつぶやいていたら、スタンフォード・デザイン・スクールのMultidisciplinary Approachの枠組みが重なる、なんていうアドバイスをもらって、これも調べなきゃなぁと、ますます脳みそが活性化しております。

方法論として表出してしまうと、それ以上の発展性がなく、マニュアルに沿ってコトを進めるだけになってしまって、それこそクリエイティブではなくなってしまう。そういう気持ちはボクも同じです。でもこれからは、それだけじゃダメなんだろうなぁという、ぼんやりとしたイメージがある。そしてそれが、「いま、建築に何が可能か」というテーマに続いていくのだな、きっと。

という、まとまりも結論もない、長文メモの殴り書き、でした。
書物 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

文章を読んでいて、
耳ざわりがいい議論だなぁ、と思いました。

頭の中の、スパーク加減が、
とてもリアルに伝わるよね。

議題と自分の疑問で言うと、
やっぱりデザインって、アウトプットありきなのかな?
とするとぉ、デザインを軸にすると、帰納法的な、考えの脈略って、オレは難しいなぁ。悩みでもあります。

その道筋を理解して考えれるアンタはすごいんやよ!
しゅっしゅ | 2010/07/21 1:43 AM
言い忘れた。

デザイン≠アート

なら、ってことね。

オレは、人生全てがアートだと思うタイプ。
しゅっしゅ2 | 2010/07/21 1:47 AM
>しゅっしゅさん
いやいや、すごいことはないんですけどね。スパークはしてます、はい。考えています、最近とくにです。
“デザイン”という言葉の定義を、もう一度問い直してみないといけない時期に、(個人的に)きているなぁという感じです。アウトプットがなくてもそれはきっとデザインですよ。

でも、これまでぼくがデザインだと信じて目指してきたものの一部は、まさにアートだったんではないか、ということです。そして今、ボクはそのアート的なデザインではない方に、徐々に興味が向かっています。
hash | 2010/07/26 1:04 AM
>しゅっしゅさん(その2)
人生はアートそのものですよ!デザインされた人生なんて!
hash | 2010/07/26 1:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/865
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"