HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< 計画 | main | Wヘッド >>

3冊

最近、アウトプットするばっかりで、頭がスカスカのスポンジみたい。

ツイッターやRSSリーダーと、携帯端末やクラウドのおかげで、単なる“情報”のインプットはすごく効率的に、大量にできているのだけど、それってまたちょっと違って。ゆっくりと、ジワリと脳みその皺に染み込ませるようなインプットを必要としてる、ボク、今。

というわけで、未読の本が山積みになってるのを横目に、今読みたい本をピックアップして深夜のアマゾンでクリッククリック。
3冊。

ティム・ブラウンさんの本は、IDEO関係の2冊を読んでいたので引き続き。
デザインマネジメントの本は、7月からの環境変化ための準備体操に。
そして、「小説の一行目」。

直木賞、芥川賞を受賞した作品の“一行目”だけを並べてあります。順番も作為的にならないよう、コンピューターの乱数で決まったランダム配置。

書き出しの1行目だけで、ぶわぁっと想像力が羽ばたきまくります。ただの言葉なのに。そういうチカラがある。1ページに1作品分しか掲載しない構成になっているので、ページにはかなりの余白があって、そのおかげかもしれない。

1行目だけ、っていうのは、おそらく著作権を侵害しない範囲。実はそこも、この本のウマいところ。1日に3つぐらいをアトランダムに、丁寧に丁寧に。そんな読み方をしてみたいな。
書物 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

私の場合、頭がスカスカというより心の渇きが書店に向かわせます。TUTAYAのこともありますね。
映画のファーストシーンばかりを上手に編集したDVDがあったら買っちゃうかも。

7月からの環境変化って?
tsu-bu | 2010/06/22 9:53 AM
「小説の一行目」って、確かにこれから本を読むぞっていう期待感に溢れている重要な一文。それだけをまとめた本って、面白そうですね!!詩集みたいな感じで。
misato | 2010/06/23 10:49 AM
>tsu-buさん
本屋さん、わかるなぁ。本屋に行って、ざーっと情報のザッピングするの、ぼくも時々やります。
たしかに、映画のタイトルバックが延々流れるDVDとか、いいかもしれませんね。
ちなみに7月から職場が変わってしまうのです。

>misatoさん
ボクが文学にほとんど触れてこなかったせいもあって、この先に何が起こるのか、真っ白なところからイメージが羽ばたくんですよね。それがスゴいのです。楽しいですよ、これ。
hash | 2010/06/28 12:23 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/858
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"