HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< 束芋 | main | 再 ZOOM 414 >>

オープンソース

衝撃的な事実を前に、衝動的にメモ。

最近ツイッターのタイムラインを流し読みしたり、細々とつぶやいてみたりする時間が増えてきた。有益な情報も、ただのつぶやきも、グチも、イベント中継も、一緒くたになって流れていく中から、必要な情報をふっとキャッチする。情報過多かもしれないけれど、これはこれで乗りこなせばイイ。
現地に行けない講演会も、ツイッターでリアルタイムに内容を伺い知ることができる時代。
少しずつ、何かが変わり始めてると、実感。

なかでも今日の深夜は、Ustreamを絡めた“事件”が2つ。
1つ目はサカナクションのニューアルバム全曲試聴ライブ。
2つ目はデジタルステージのモーションダイブ制作発表。

サカナクションは、チケットが売り切れちゃったアルバムのリリースパーティーを、そのままUstreamですべて流す試み。もちろん、アルバムの全内容を乗せて。トークライブまで、すべて。
ちょっとおカタイ人ならば、これほどリスキーなことは、たぶんやらない。著作権とか肖像権とか、大変そうだし。
でも、彼らは今の時代にフィットした情報の発信方法を心得てる。今をときめくアーティスト、でも彼ら(=僕たち世代)にとってはこうすることの方がふつう。普段接しているやり方で、自分たちを発信しようとする姿勢は、素晴らしいと思います。メディアとシーンについても、言及されていましたし。

デジタルステージはmotion dive5の制作をUstreamで発表
待ちに待ったアナウンス。で、その仕様もすごいのだけど、その場に(仮想的に)集まった人たちと、ツイッターを通してソフトについて一緒に考える、という試みも呼びかけ。つまり、1500もの人が、製品開発のブレストに参加することになる。1500人が、ですよ。

これはね、これまでのビジネスのモデルとは、まったく違う考え方。開かれた場と開かれた知識を、みんなで共有するやり方。みんなで考える。
もちろんコントロールは難しいけれど、クローズド型の知識共有では決して到達することのないトコロへ、きっと行ける。そんな予感がした深夜4時頃、もうすぐ朝。
日記 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

Ustのツイッター連携を、貴方のつぶやきで初めて知りました。これは驚異的、脅威的。怖るべし、ツイッター。
私は貴方の様に情報の波を上手く乗りこなす事はできないので、余波の余波辺りを適当に彷徨う程度で結構幸せです。
でも、サカナクションはライブで観てみたかったなぁー。
また、みなさんよりは少し遅れて、PVは楽しみます。



somebody | 2010/03/15 12:14 AM
つぶやきがあふれすぎていて、私はたぶん、
その中に普通に紛れ込んでいる素敵な情報を
うまくキャッチできていません。
でも、普段お話する機会のない方や、
ブログを書いていない人のちょっとしたつぶやきにふれて
ますます好きになったりもします。
ツイッター始めてからブログあまり更新されない人も増えていますが
hashさんはいかがでしょう?
ツイッター、楽しいですか?
ユロ | 2010/03/15 9:44 PM
>somebodyさん
歴史的な夜だったかな、と勝手に思ってます。
即応性と参加している感はものすごいです。時間を共有している感がかなりあります。でも、場所はどうだろう?とか考えたりもします。時間の共有も、結局それなりに拘束力もあるので、それだけじゃダメですね。いろいろ難しいですけど、とりあえずなんでも首突っ込んでトライしていきたいです。

>ユロさん
ユロさんもツイッターしてますか?hashさんはつぶやき始める前から若干ブログが停滞気味です…。ブログとつぶやきはまったく別物ですね。つぶやきはほんとに何にも考えずに吐き出してます。ぜんぶを真に受けちゃうと、ツイッターはダメになってしまう。そんな気がします。
取捨選択をできる人。そうならないといけないのかもしれません。ぼくも最近、ドンドン「何もしない時間」が減ってる気がして、それはあんまり良いことでもないかなと思ってますし。
hash | 2010/03/22 11:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/833
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"