HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< とまどい | main | 最後のマンガ >>

4冊

最近少しずつ、自宅のMacの前に座る時間が減ってます。iPhoneのおかげか、だらだらとネットサーフィンする時間は確かに減った。
でもそれはボクにとって良いことなのか、悪いことなのか、わからず。

たくさんの本、読みたい気持ちはあるのだけど。
なんとなく、最近は脳みそがそれを受け付けてくれなくて。というわけで、いつもにも増して読書のペースはゆっくり。ゆっくり。
最近読んだ本、4冊。

おっと、マンガばっかりだ。

島田虎之介さんの作品は、いつものようなゾワゾワっといろんな伏線が集合してくる感じではなく。あとがきまで読んでようやくその意図がわかって、勉強して、知識付けて、もいちどトライしたいと思わせるような内容。
今、映画にしたい作品ナンバーワンかもしれない。あぁでも、ものすごく繊細な映像になってしまいそう。

ユニクロ本は2冊め。すごく正しいことが列挙されていて、隙がなくて、途中しんどくてストップ。ずいぶん時間がかかって読了。

成功の話よりも、失敗の話が聞きたい。そんな気分なのだ、きっと。
書物 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

私も成功物語だけよりも、その過程や、どうやって乗り越えられたか、突破口となったものなど、そういうことが知りたいです。
「プロフェッショナル仕事の流儀」は一番楽しみにしている番組です。
以前、サックス奏者の松本さんが母校で高校百周年記念の演奏で行かれた際、学生時代の松本さんは吹奏楽器ならなんでもこなす天才だったそうですが、そのかわり他の授業は全部駄目だったと話されたら、学生たちは大喜びだったそうです。一芸に秀でるよりも、平均点の高さを要求されるのが、今の時代なのでしょうか。
柊 | 2010/02/10 11:00 PM
>柊さん
プロセス、というやつですね。
他の人の考え方や、試行錯誤の過程をみると、ほんとに学ぶことが多いですね。
ゼネラリストが求められる時代ですけど、なにか突出した能力がないと、必ず埋もれてしまいます。その突出した能力を、きっと“個性”って言うんでしょうね。

個性が欲しいです。強烈な。
hash | 2010/02/12 12:01 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/827
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"