HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳
<< 大阪オーロラ | main | 偉大なネズミ >>

はさみ2

以前はさみを買ったのだけど、もう一つ必要になってしまったので、林刃物を買った。
ステンレスはさみ
ステンレスはさみ。
かなり切れ長のプロポーション。

やっぱりこっちだな、と。前のサンスターのモノとは持ってるオーラが違う気がします。いや、オーラじゃなくてモノ自体の魅力というべきですね。ステンレスの磨き方とか、面取りとか、グリップの“バミ”の有無とか、もうほんとにちょっとしたことなんだろうと思うんですけど。
大量生産品ながら丁寧に作られているのかな。

この違いがなんだ、と言われれば、僕は(まだ)抽象的な言葉でしか応戦できませんが。

構成部品はたった3つ。本体のブレードが1対、グリップが1対、ネジ1つ。グリップも弾力のあるゴムで出来てるので簡単に分離できて、リサイクルに出すのも楽チン。これ以上部品数を少なくすることはほとんど無理だろうな。できるとしたら、それは今考えられているはさみとはまったく違ったカタチをした道具になるはずです。もしくは異素材の一体成形技術が実現するとか。金属が明確な境界面を持たずにいつのまにかゴムになってる、みたいな。(この場合、じゃぁ分別はどうするのだって問題が出てきますが…)それはそれで見てみたい。
モノ | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

この形で知っているのは PLUS のハサミです。それが林刃物さんのかはわかりませんけど、僕はオフセットのを使ってます。
普段は使いやすいんですけど、職場で腰に付けたポーチからサッっと出そうとすると、オフセットを逆に握ってしまう時があるんです。そういう場合は写真の様な対称の形の方が断然使いやすいなと思っています。
僕ももうそろそろ、ハサミを新しくしようと思っています。
スポンジ | 2005/12/16 11:37 PM
そうそう、PLUSでも同じようなのが出てますね。うちの父親のペン立てにも、ひとつ小さいサイズのがありました。
このはさみはなんだかお箸みたいです。ものすごくシンプルなので、使い手が道具にちょっと擦り寄っていくことが必要。だからこそ使い勝手が良かったりするんですけどね。僕がエルゴノミクス・デザインが苦手なのは、使い手がそう持つことを強要される感じがするからかもしれません。はまると気持ちいいんですけどね。
hash | 2005/12/18 5:03 PM
ご愛用いただき、ありがとうございます。
ずいぶん昔の記事にコメントするのも申し訳ございませんが
弊社ハサミを気に入っていただいているご様子を嬉しく思い、コメントさせていただきました。
(PLUSさんのハサミも弊社のものです。)
林刃物株式会社 | 2015/12/16 10:09 AM
僕のハサミも同じだと思いますが、中央にALLEX 2行目に小さくSTAINLESS 3行目にBONNY
と印字されていました。林刃物さんのものかなぁ・・・
きしん | 2015/12/28 12:40 PM
>林刃物様
わざわざコメントいただきほんとうにありがとうございます。現在アメリカ暮らしですが、こちらにも持って来ちゃいました。
うちの父親も昔から愛用しており、小さい頃、父のペン立てにあったハサミが格好良くて憧れていました。これからもずっとつ買い続けていきたいと思います。

>きしんさん
それまさに林刃物さんだと思います。
hash | 2016/01/11 3:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/302
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"