HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< S'well | main | 珈琲 >>

カストロ

筆舌に尽くしがたい経験、とはこういうことをいうんだろうな。

6月から、月の3分2ぐらいは旅に出ております。6月は、西海岸へ20日間ほど。まず始めに訪れたのはサンフランシスコでした。観光も建築もミュージアムもビールも美味しいご飯も、そして何より街の雰囲気を堪能したんだけど、何よりここが一番印象的だった。

Castro / カストロ

Airbnbで探した宿があったのが、たまたまこの地区。ゲイのカップルのお宅にお邪魔してました。ここカストロ地区は、世界のLGBT文化のオリジン、と言っても過言ではない地区だと思います。街の至る所にレインボーフラッグが掲げられていて、そして、なんと横断歩道までもがレインボーカラー!

街角のバーに入ってビール飲んでたら、隣のおじさんが「ココは、世界で一番古いゲイバーなんだ。大きな窓がある、ね。」って教えてくれました。初めは意味が分からなかったんだけど、考えてみるとなるほど昔はここアメリカでもゲイバーってアンダーグラウンドな存在だったんだなぁと。

運良くLGBTフィルムフェスティバルの開催期間中。行きたかった1910年創業のカストロ劇場でLGBTをテーマにしたドキュメンタリーを観ることもできました。これがまたすごく良かった。LGBTコミュニティーの歴史を、個人が撮影したホームビデオから紐解いていく映画。今ではまぁ、特殊とは言え社会的に認知されているこのコミュニティーも、当事者たちの努力と、社会との闘争によって勝ち取られたものなんだなぁ。

見るもの、感じるもの。その全てが今までに経験したことのないものばかり。旅のことを書くのは何となくニガテなので、伝えきれないのがとても残念。
自分の知らない、所属コミュニティの外側の世界を、「無きもの」として扱ってしまうことの怖さ。そんなことを感じたのでした。
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/1135
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"