HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< メイド・イン | main | ロンドンバス >>

空間と活動

こちらでの、ふだんのボクの活動の中心となってる建物の中。

はい、Frank O Gehryの設計です。

複雑そうに見えてシンプル…ではなく、計画自体とても複雑です。特に上層階は中心の吹き抜け回りに部屋があったり無かったり。自分がいったいどこにいるのか、慣れるまでは迷いまくってました。日々の活動拠点としては、刺激的なので良い。

大小いろいろなチームで、適宜メンバーを変えながら、時には個人でも活動したりするので、場所の選び方が、スムーズプロジェクト運営にとって非常に重要です。その点で言うと、視覚的なランダムネスというか、複雑さは申し分なくあるのだけど、選択の自由というパラメータはちょっと低め。流動布に面して張り巡らされたベンチに対して、少し家具類が(視覚的にではなく物理的に)重たいんだよなぁ…。引っ込んだエリアにある”たまり”はほぼ個室化されていて、こちらも閉じると開くの中間的な領域があればいいなぁ(これだけ入り組んでるんだからそういう場所ありそうなんだけど、ない)。もう少しユーザーが創造的にカスタマイズできる方が良いなぁというのが建築屋目線での感想。
建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/1121
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"