HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳
<< 愛の渦 | main | SIWA >>

ふつうじゃない

青木さんと同期の恩師から、又聞きレクチャーを聞かせてもらったので、妙に気になってきて実物をみに荻窪まで行ってきたのでした。

大宮前体育館。設計したのは青木淳建築計画事務所。

一見ごくごく普通の、ちょっとラフな外観をした建築物です。周辺は2層の住宅がほとんどで、ボリューム感もそこに合わせてあるので街にもよく馴染んでる。まさか、これが体育館だとは言われるまで誰も気付くまい。

地下2階までグッと体育館のボリュームが埋められています。建築というのは地下に掘れば掘るほどコストがかかる。青木さんは、せっかくつくるんだからそれはやりましょう、と役所を説得したらしい。
これだけボリュームを消すとにこだわった訳は、敷地をぐるっと回れば理解ができる。ぽかんと間=はらっぱをとって配置された不整形の建築は、環境によく馴染んでいました。

と、こんなことを書いてると至ってふつうの建築のようですが、なんだかこう、ふつうじゃないところが随所にちりばめられていて、なんだコレはと面食らいます。建築をやっている人ほど、そう感じるんじゃないかなぁ。使ってる人にとっては全然関係なく、それはそういうものとして受け入れられるような、そういう“ふつう”。


庇の見付け面の高さが、場所によって違う、とか。
換気塔が剥き出しで、なんとなく座れそうなベンチが周囲をぐるっと囲ってたり。


ホームセンターで売ってそうなコンクリート縁石は、ふつうじゃない形に並べられているし。


屋上。芝生を張り切ってしまうんではなく、所々歯抜けにしてクローバーのボリュームをちりばめたり。
古いRC造のように、梁には大袈裟なハンチがついていて、柱の面取りもすごく大きくとってある。クラシックな意匠。


埋められた体育館のマッスの仕上げは、コンクリート打ちっ放しに白いペンキを塗ってから拭いてあるし。
挙げ句の果てには、その壁自体がグネグネと揺らいだ形をしていたりする。

などなど、枚挙に暇がない。

なんだか色んなものが、ぽーんと放り投げるようにデザインされている。先輩はそれを、“手離れ感”という言葉で表現してました。
そうそう、菊池敦己さんのサインもぽーんと放り投げるようにデザインされている。

これからの建築って、こういうことなのかもしれないなぁ。
建築 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/1089
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"