HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< 指を置く | main | ふつうじゃない >>

愛の渦

普段は滅多に映画館に行かないのだけど、観たいものがあるときはやっぱり足を運んでしまいます。
そこでしか体験もの、観ることができないものっていうのが、これからの重要な価値観になっていくんだと思って。

「愛の渦」 監督した人、三浦大輔さん。

劇団ポツドールの戯曲を映像化した作品。戯曲をベースにしてることがよく分かる、非常に舞台的な間とか、空気感をもった映画でした。

ここで直接的に書くにはちょっとエロすぎる筋書きなんだけど、性欲の裏に見え隠れする人間の弱さとか、世間体を気にしながら生きているとか、そういうものが生々しく描かれていて。冒頭、男女がなかなか距離を縮められない場面の描写や、それがちょっとしたきっかけでジリジリと縮まっていく感じは、ヤキモキしながらもなんだか自分事のように没入できる世界。

思い切って飛び込んだ先に広がるワンダフルワールドを渇望しながらも、自意識が邪魔してなかなかそこにたどり着けない人間。バカになった者の勝ちって分かってるんだけど、人間ってそういう弱さを持った生き物なんだな、きっと。
映像 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/1086
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"