HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

<< しんせいかつ | main | 大地の芸術祭 >>

おおかみこども

夕方から雷雨の予報。お休みの日の、のんびりした時間にちょっと似合わないので、避けるように駅の中にある映画館に。
おおかみこどもの雨と雪」細田守監督。

ひとりだったので、見る前から泣く準備はできてました。

序盤の回想シーンは、まぁちょっとオタクっぽいつくりかたになってる気がしましたけど、後半にくるほど童話と、リアルな現実が、オーバーラップして、ググッと引き込まれる展開。美しい絵、高木正勝さんの音楽。
そして、どうやらぼくは、宮崎あおいさんの声、に弱いらしい。

母は強いなぁ。そんなお盆前の出来事でした。そんなタイミングで観れて、よかった
映像 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

僕も観ました。家族で行ったのでやせ我慢して涙はこらえました。お父さんの意地です。?雨と雪の将来を心配している自分がいました。
きしん | 2012/08/22 11:50 AM
>きしんさん
ご家族で観られたんですね、ステキです。
僕はこんなに強い親になれるだろうかと、心配になっちゃいました。
hash | 2012/08/22 11:22 PM
大丈夫です。hashさんなら強い親になれます。ただ、まず親になることが前提です。この母親も成り行きで母になったようなものなんですから。
きしん | 2012/08/25 1:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hash-blog.jugem.jp/trackback/1007
この記事に対するトラックバック
Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"