HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

脅威

シャオミのプロダクトがほしいなぁ、なんて中国人の友達に話していたら、年末に買ってきてくれました。

Xiaomi Piston3

ホントはベリリウム振動板を使ってるPiston2がほしかったのだけど、どうやらモデルチェンジしたみたいで、公式ショップではもう手に入らないらしい。

まさにピストン型だったPiston2とは違って、デザイン自体ずいぶんコモディティ化した印象。だけどパッケージも丁寧にデザインされていて、ソニーのロゴが付いてたらソニーのプロダクトだって思っちゃうんじゃないかなと。ヘアライン仕上げっぽい部分は実はメタルじゃなくて樹脂で、ココはコスト優先という感じだけれど、コードはファブリックで包まれていて、しかもリモコン付(iPhoneでは使えないけど)。音質については詳しくないのであんまり多くを語れないけど今使ってるソニーのバランスド・アーマチュア型のイヤホンとは違う音、素人的には十分いい音が鳴ってると思います。

なにが脅威かというとその価格。これが11ドル(1,300円)ぐらいで手に入っちゃうこと。イヤホンも相当コモディティ化しちゃってるプロダクトだから、よほどのプロ用モデルであるか、ニッチな“好み”に応えるモデルでないかぎり特徴は出しにくい。去年うちの教授が言ってた「コモディティとは価格意外に差異を出すことが難しくなってしまうことだ」という一言が思い出されます。うーん、これは脅威だと思う。

と、ここまで書いてしばらく放置しておいた下書きを読み返して思ったのは、これからの僕たちはここに”体験”と”背景”を一緒くたにしてデザインという行為を行わないといけないんだろうなということ。例えばこの製品が環境に良くない製造方法や、厳しい労働環境で生産されているとしたら、もちろんそれは手放しで褒められたもんじゃない。数学の「近似」という概念は人類のひとつの大発明だと思う。フレームワークは大量で複雑な事象をシンプルに捉えるのにとても役に立ってきた。でもそのフレームワークの、ちょうど境界線上に乗っている事柄や、小さいけれども大切なモノまで捨ててしまってはいないだろうか。複雑なものを、複雑なままに具現化すること。建築家、アレハンドロ・アルヴェラの言葉を一部借りると、それがこれからのデザインに求められることだと思う。
モノ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

バッドデザイン

ふだんあんまりネガティブなことを書くのが好きではないのだけど、新年早々すみません。2本立て続けにダメなデザインのお話。

車のキー。

よくあるタイプのキーです。もはや定形のデザインと言っても良いぐらい、なんてことない。
でもこのボタン配置が実に曲者でして。赤い色したパニックボタンの位置が非常に悪くって、何回乗っても2回に1回ぐらいの頻度でブーブーブーブーと鳴らしてしまいます…。

いざという時に押しやすい場所にないとダメな機能だからお前が慣れろ、ということなのかも知れないけれど、これだけ日常的に押しちゃうと、オオカミ少年よろしくホントの有事の時にだれも気にしなくなりそう。
学んだコトがこといえば、「やってはいけないこと」が身近にあるということは、それだけでかなりのストレスなんだなぁということ。あぁこれはなんとかしたいなぁ。
モノ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

6s

アメリカに来てから1年5ヶ月で、はや4台目のスマートフォンとなりました。
iPhone 6s

Android、Windows Phoneとつかってみて、やっぱりiOSの使い心地が忘れられず、iPhone 5cのSIMフリーを買ってしばらく使ってたんだけど、いろいろ考えたあげく結局SIMフリーのiPhone 6sを購入。

動作はずいぶんとスムーズになってゴキゲンなんだけど、どうしても6sのデザインは好きになれないでいます。明らかにApple Watchの系譜で、これまでの実用的なハイスペックマシン然とした印象から、煌びやかな贅沢品という面持ち。

なんでだか出っ張っちゃったカメラのレンズ、背面をぷつぷつと分割してるプラスチックのフレーム、電源ボタンを押そうと本体を握るとボリュームボタンを押しちゃう、3D Touchはまだ使ったことがない…などなど。

丸みを帯びた本体も握り心地はいいだんけど、以前使ってた5sみたいにiPhoneを立てて置くことができないのも僕にとってはマイナスかな。5sの形状は、タイムラプスとかテーブルの上で撮るときなんか便利だったんだよなぁ。
モノ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Fire TV Stick

Amazonは、日本にいた頃からかなりの頻度で使ってまして。プライム会員にもなってます。でもアメリカでは、プライムの急ぎ便でも2日かかります。(通常発送だったら1週間ぐらいかかる。)その代わり、と言いますか、プライム会員は追加料金なしで音楽のストリーミングが出来たり、インスタントビデオを見れたりします。年会費払っているので“無料”感ありますが、まぁ会費払っているのでその中に含まれてるってことでしょうか。

と、ここまで下書きしてほったらかしにしていたら、日本でもプライムビデオのサービスが開始することがアナウンスされてしまいました(笑

Amazon Fire TV stick / 39ドル、買ってみました。

テレビのHDMI端子にスティックを差すだけで、ふつうのテレビがスマートテレビに変身。アップルのApple TVとか、GoogleのChrome Castとかと同じ類いのモノですけど、さすがに後発だけあって操作感はかなり洗練されています(グラフィックが美しいとかそういう意味でなく)。

プラスチッキーなリモコンも、質感はないけれど、Bluetooth接続のおかげで使い勝手は良好。なんせテレビに向けなくても反応するのがよい。

これまでiTunesで管理してきた音楽だけはどうしようかと悩み中だけど、その他は既存のサービスとシームレスで繋がってありがたい。

テレビってなんだか不思議な立ち位置で。日常生活の中で、なんとなく点いてると安心するっていうのが僕にとってのテレビ。集中して食い入るように見るっていうのは、最近じゃちょっと無くなったかな。音楽もそれに近くって、音楽だけを集中して聴くっていう機会もほとんど無い気がする。それが趣味の人はまた違った楽しみ方をするのだろうけど、ほとんどの人が他の作業の背景で“聞こえている”っていう状況なんじゃないだろうか。僕はPCで作業する時間が長いので、音楽はPCで管理するのが相性が良い。

ではテレビは、ってなると、PCの画面は作業で占領されるので、PCとは非常に相性が悪い。。やっぱり他の画面で“流れている”のがちょうどいい。映画はリラックスしながら集中して見たいので、部屋の主役になる大きな画面で見るのがいい。
そう考えると、作業時以外、日常の中の音楽のことを考えると、実はPC以外の他の“家電”に預けてしまった方が便利なんじゃないか、とも思えてくる。

いろいろな利権と既存サービスとの融合が大きな課題になるのだろうけど、大局的なところを見極めながら上手く使いこなしていかないとなぁと思う次第です。
モノ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Gravy

引っ越しをしまして。
前のアパートは築100年以上の地元では由緒ある建物で、リビングの変則的な平面と3面採光がかなり気に入ってたんだけど、これもまた経験か、と。新しいアパートは天井に照明のアタッチメントが一切ないので、いわゆる欧米風に(いや、まさにアメリカなんだけど)フロアランプやテーブルランプを準備しなくてはならず。

WalmartとかTargetで、適当に安いの見繕うかなぁと思いましたが、やっぱりデスクライトだけはちゃんとしたの買おうと。

Gravy / designed by Concept Inc,

木とアルミのコンビもいいのだけど、なんといってもこのプリミティブな構造。“お玉”のような台座部分と、“ひしゃく”みたいな本体部分を組み合わせ方は、アルミのフラットバーに開けられた穴に木の棒を突っ込んでるだけ。たったこれだけだけど、高さ方向を除く他2軸の調整はできるんだから十分。まぁこれだけ単純な機構だと、壊れないだろうし。
スイッチは光源の真ん中にタッチ式のが光量調整の機能と共に入ってて、パッと見た身はスイッチの居場所すらもわかりません。ヘッドは単純な円形の板のように見えるけれど、下面がわずかにナナメにカットされていて、照射面を広げる意図が見て取れます。

電気的な機能は“ひしゃく”の部分に集約されてるので、ここだけもってトーチのような使い方も出来るかも。(いや、しませんけどね)

単純明快で、素材も割とのんびりした感じの使い方だけど、立ち姿はすごくシュッとしていてギャップがイイ感じです。サイズ感がコンパクトな上に、高さ方向の調整ができないので、大きなデスクでガガガッと作業したい人には向きません。2013年に日本でGOOD DESIGN賞取ってるんだけど、日本では販売されてないみたいです。(PSEの関係かな?)
モノ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

珈琲

コーヒー屋さんってたくさんあるし、サンフランシスコでもポートランドでもサードウェーブコーヒー的な場所にはたくさん行ってみたりもしたので(これはまた別の機会に書こう)、わかったような気になってるんだけど、結局のところ、美味いコーヒーって何だ?っていうところは全然分かってない気がする。(あ、言っちゃった。)

いちおう、インスタントコーヒーと豆から淹れたコーヒーの味の違いぐらいはわかる気がしているので、自分ちで淹れるのは、いちおう、ドリッパーで落としたりする。
コレは、前々から気になってはいたのだけど、それは思い切り“見た目”視点のみで、実は持ちにくそうだし、革と木って洗うときメンドクサそうだし、ってことで見て見ぬふりをしてきまして。

Chemed Tree Cup Classic

実際どうなの?って自分で使ってみなきゃわからないだろっ、ってことで試してみることにしました。
もともとのデザインのヒントが漏斗とフラスコだというだけあって、実験器具のような面持ち。素材使いも相まって、キッチンに並んでいるだけで存在感がある。

肝心の味は、というと。普段使ってるのと同じ豆で淹れてみたところ、うん、たしかに味が変わったような気がする。雑味がなくなったというか、まろやかになった(気がする)。フィルターがかなり鋭利な円錐形になるので、落ちるまでに時間がかかる。専用のペーパーフィルターが、ちょっと分厚い。ドリッパーそれ自体がこんな変化をもたらすわけないので、このあたりが味を変えてしまった理由なんだろうなぁという予想。実際のところ、うーん、よくわからん。

使ってみて、洗う度に木と革のグリップを外さなきゃいけないのはやっぱりメンドクサイ。重量バランスがかなり偏ってる熱々のケメックスをガシッとしっかり握るには、このグリップだとちょっと心許ない。
でも、ケメックスで淹れると味は確かに変わる。というわけで、これはコーヒーを“嗜好品”として楽しむための道具なんだろうなぁ、というのが思うところ。コーヒーをガブガブ飲みたい人には向かないんじゃないかなぁ。
あ、でもやっぱりキッチンにスッと佇んでるのを眺める分には、かなり満足度高めです。ウチでは来客時用かな。
モノ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

S'well

エコを意識しているのかそうじゃないのか、こちらの人たちは結構な確率でウォーターボトルを持ち歩いてます。建物にはいると色んな場所に水飲み場があって、そこで冷たいお水を補給してる人もいるし、カフェでホットウォーターだけ入れてもらってる人もいたりします。

僕はというと、けっこうどこにいてもこまめに水分補給したい人なので、ちょうどイイの探してたところ。元建築家のクラスメイトがずっと使っててなかなかいいなぁと思ってたのと、しばらく見てても塗装はげたりへこんだりしてなかったので真似してみることに。

S’well Bottle Wood Collection / Teakwood 9oz.

車のカップホルダーに入るスリムなボディと、保冷・保温ができること、それに無駄なギミックがない極力シンプルな機構が僕の考えた条件。いままで使ってた350mlのプラスチックボトルでもちょっと残るなぁという日があったので、容量は小さめの260mlに。
シルバーが一番素材感・かたまり感があっていいなぁと思ったんだけど、せっかくキレイな塗装が“ウリ”のメーカーなので、思い切りギャップのあるプリントを選んでみました。遠くから見てるとホントに木製みたい。

キャップの造りが、飲み口を覆い被さるように出来てます。だから飲み口が直接どこかに触れることはないし、無駄な要素が隠れてシンプルな外観をキープしてる。
ちょっと使ってみたところ、これだけ軽くてシンプルなのになかなか保冷能力もあってまぁ今のところ十分かな。

中身洗えないなぁというのは難点だけど、結局カップホルダーに入るサイズってどれも柄付きのブラシがないと底まで洗えないのでそこは妥協点。なかなか気に入っております。
モノ | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

セントラルパーク

そういえばココに書くのを忘れてましたが、少し前に、公共空間のゴミ箱のリサーチをしておりまして。その時にネットで写真だけ見てたんだけど、それだけでは気づかなかったことに、実物を見て気づいた。

セントラルパークのゴミ箱。デザイナーはAnthony Deen

パーク内に置かれているRobert MosesとKenneth Lynchがデザインしたアイコニックなベンチがモチーフ。 
下半分は完全に同形状だけど、上面の開口部の大きさがゴミの種別によって違う。でも、プロペラ状の各パーツは共通で2パターンのみ。内側の固定高さを変えることで、投入口の内径が変化して、トラッシュとリサイクルの区分けするようにできてる。解説はココが詳しいです。まぁアメリカのリサイクル事情はこのぐらいの大雑把な感じがほとんどです。

惜しいのは、上部のパーツがやっぱり完全には共通化できていないこと。うーん、惜しい。
色も変えているので、この仕組みがどの程度イニシャルコストに効いているのかはわからないけれど、部分的に壊れたりへこんだりしちゃったときのメンテナンスはしやす。一番コストのかかるであろう収集の人件費を軽減できるようなデザインにはなってないかなぁ、まぁ50%ぐらいはいわゆるスタイリングの範疇かと思った次第です。
モノ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

カタ

今年の夏から秋にかけて、またいろいろとブラブラすることになりそうなので…というのを口実に、一眼レフカメラを新調することに。
ビデオの撮影、編集をする機会も増えてきたので、今まで愛用してきたニコン機はパス。そしてレンズ資産もお払い箱に。

これからのカメラ、を考えてみたときに、なにやらチャレンジをしているのはソニーかなと思い、あれこれ考えてみたものの、結局最新機種にすることに。

SONY α7-

こちらにクルマではニコンの中級APC-Cサイズ機に縦位置グリップ付けてたので、さすがに小さいなぁとは思いますが、最近はGRとNEX-5ばかり使ってたので、やっぱりそれでも大きくて重い。

初代と比べて、デザインはモダンに変わってしまいました。ユーザーの声を反映して初代で使いにくいと評判だったレリーズ回りのボタン配置やダイヤルの形状を変更してしまったので、見た目は結構”ふつう”の一眼レフに近づいてしまいました。ここでいう“ふつう”とは、今一般的に市場に出回ってるカメラ、という意味で、スーパーノーマル的な意味ではありません。

特徴的だった(疑似)ペンタ部分の鋭角な形態も、手ブレ補正の機構を飲み込むために、少しボディ側に食い込む形状になったので柔らかい印象に。ボディが大きくなることと、α7らしいカタチとのせめぎ合いが随所に見られてハラハラします。厚みが増した分の処理は、さりげなくて好きです。

個人的に、初代α7のデザインがすごく好きでした。あの小さなボディにフルサイズセンサーを押し込んできたっていうチャレンジもさることながら、ボクが人生で最初に使った一眼レフ、アサヒ・ペンタックスのSP1に似ていたから、っていうのが主な理由。個人的な記憶とのリンクが強いので、それが一般的に良いカタチであるかどうかはわかりませんが、長く使える“道具感”というのは多分にあったと思います。機能的な進化が著しいモノに関しては、なかなか長く愛せるモノは産まれにくい。菊竹清訓の「か・かた・かたち」でいうところの、「かた」がそのまま形態として立ち現れたかのようなデザインというのも、殊技術的進歩の早いプロダクトの世界では考えなきゃいけないことなのかな、と。
モノ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

adidas

去年購入したナイキのスニーカー。とても気に入ってたんだけど、こちらに来て調子に乗ってサッカーした時に破壊してしまいまして。以来、ことあるごとに似たようなの探してたんだけど、ようやく気になるものを見つけたのでした。

adidas Climachill Sonic Boost

中学生の時に、どうしてもジャガーの靴を履くがイヤで履いていたスタンスミス。それ以来アディダスのスニーカーって買ったことなかったので、20年ぶりぐらい(!)。

探してたのは靴紐のないスニーカー。
靴をフィットさせる機構って、やっぱり今でも靴紐が主流。リーボックのインスタポンプとか、プーマのディスクシステムとかあるけれど、今となっては懐古的未来感があるものね。靴紐の費用対効果を乗り越えるのはなかなか難しい。

Lunafly 306と違って、ベルトは全てゴムバンドで、ベルクロのような調整機構はありません。なので、これ以上ないぐらいにシンプル。シルエットをゴチャッとごまかすものが何もないので、デザインするのはより難しそうだけど、上手くまとまってます。

adidasのハイテクシューズ群は、Nikeほど技術をこねくり回した感じがなく、より構築的な造形をしてて、なんとなくドイツの風は感じたりしますね。
モノ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"