HASH BLOG

ブルーグレイな日々とデザインのメモ帳

シカゴ

現地の人たちには、”ビーンズ”の愛称で親しまれてる彫刻。ミレニアムパークのイチバン目立つ場所に鎮座しておりました。

"Cloud Gate” by Anish Kapoor

マイナス3℃の寒空なんだけど、絶えることのない人。
通常、アートっていうものには機能がない。なぜなら、何かを解決することを求められていないから。どこかで聞いたことがあるような言い方を流用させて頂くと、アートに求められているのは問題定義である、と。

カプーアが作ったこの彫刻は、ピカピカに磨かれた鏡面の歪な曲面が、今まで僕たちが見たことなかったような都市の姿を映し出す。それは、"見たことのない都市の姿”という問いの投げかけであるようにも思えるし、もっと純粋に考えれば、都市を楽しむためのひとつの装置として機能しているという風にも思える。
実際は、後者の印象が強いんだよなぁ。デザインとアートの中間領域、みたいな。

というわけで、人生初のThanksgivingホリデーは、シカゴで過ごしております。七面鳥も食べました。
建築 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

マンハッタン諸々

およそ12年ぶり、今回の滞在は4日間だけだったのだけど、いろいろと巡り巡り。大学3年生の時に来たNYは、9.11のテロから半年しか経っていない時期でまだまだ街はグチャグチャの状態でした。まだWTCの跡地は工事ガンガンしているし、都市として100%かというとそうでもないのだけど、それでも個人的になんだか感慨深いNY滞在となりました。

以前行ったときのMoMAは、谷口吉生設計の増築案がまさに工事中で、半分くらいしか公開されておらず。増築部分を含めた全体像を見るのは実は今回が初めてでした。
収蔵作品はもちろん、空間とボリューム、視線と視線が交錯する空間はとても清々しい。ただちょっと混雑し過ぎで、マティスの企画展は見れず。

ハイラインは今回もっとも行きたかった場所。都市再生の仕掛けとしても面白いし、設計はもちろん、計画手腕がその評価に対してグッと前に出てきているのが心強い感じ。一時期の卒業設計で多く提案されていた「表と裏をひっくり返す」というような提案が普通に実現しているし、周辺の開発もハイラインに合わせて進んでいるのがまた興味深い。

ハイラインついでにチェルシーマーケット。ここも元ナビスコのクッキー工場をリノベーションした屋内商業施設。ザックリ、非常にザックリなんだけど、これがイイ塩梅なんだろうね。㋹ギュウレーションの関係もあって、なかなか日本じゃできない場所。

そして同じくチェルシーのガゴシアンギャラリーで村上隆個展。日本ではなかなか評価が分かれているし、個展自体開催される機会が最近はなかったけれど、スーパーフラットだなんだはちょっと横に置いておいてイイと思えるほどのパワー。お金も人力もかかったリッチな作品ばかりだけど、その迫力たるや圧巻でした。
SANAA設計のニューミュージアム。ボリュームを切ってずらした設計は、単なる形態のお遊びではなく、現地に行ってみると巧みに周辺環境へ呼応するための解であることが分かります。

あとは念願のエースホテルに泊まったり、新しくなったフルトンセンター見たり、ソーホーで美味しいハラミサンド食べたり。近年の都市計画も成功して、治安も徐々に良くなっているニューヨーク。ネガをポジに変えて見せるのが、とても上手いんだよなぁ。
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Dia: Beacon

学生のころに訪れた分もカウントすると、マンハッタンにある美術館も色々と行きました。グッゲンハイム、メトロポリタン、MoMA、ニューミュージアム、等々。そのどれもが素晴らしいのだけど、今回行った場所はグランドセントラルから電車に揺られて1時間半ぐらい。Beaconという郊外の街にあるココでした。

Dia: Beacon

良いぞ良いぞ、と噂は聞いてたのだけど、期待をまったく裏切らない素晴らしい場所でした。電車が1時間に1本しかないにも関わらず、予定時間を2時間オーバーして滞在。

ナビスコの古い工場をリノベーションした美術館です。外観はなんてことないのだけど、中めくるめくモダンアートの世界。ところどころラフに残された”工場”感、フラットで広いフロア、のこぎり屋根から優しく差し込む自然光。作品自体はどれもサイトスペシフィックなものではないのだけど、だからこそなのか、リノベーションと現代アートは親和性が高いなぁとつくづく思う。作品があることで、その場所がその場所だけのものになる、と言えばいいのか。

アメリカの美術館にしては珍しく、館内は写真撮影禁止、パブリックWi-Fiもありません。だから、その分鑑賞者は作品と対峙するしかなく、展示に対して集中することができる。それもなにか皮肉なんだけど。
建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

ワイエス

週末を利用してワシントンDCに行きました。

首都でありながら、NYよりも規模は大きくないというのが不思議な印象でしたが、なるほど首都機能に特化した都市だと考えると合点のいく、それはもうそれ専用に設計された特殊な街という印象。今回は街の印象ではなく。

アンドリュー・ワイエス “Looking Out, Looking In"

ナショナル・ギャラリーでたまたまやっていた、ワイエスの展覧会。アメリカ美術っていうとコンテポラリーなものしかほとんど意識になかったのだけど、ビビッときて他の展示を放ったらかしてワイエスの絵ばかり見ていました。

ボクの不勉強なだけで、ワイエス自体はとても有名なアメリカの画家だそうで。
図録の表紙にも採用されている「Wind from the Sea」。窓の構図、光の加減、ふわりとかるいレースカーテンの構成がとても“格好良い”。他にも郊外の住宅をテーマにしたシリーズが印象的で、その中でも室内の、窓辺を取り上げたものがツボでした。どれも差し込む光が印象的で、構図が構築的。

展示室には、絵画になる前の“スタディ”やスケッチがたくさんありました。スケッチがラフであればあるほど、その構図と光が印象的に浮かび上がってきて、出来上がった精緻な絵画よりもむしろそちらの方をずっと見ていたい感じ。

いや、スケッチとはそういうものなんだろうな。アイデアを瞬間冷凍する手段。だからこそ、なにがそこに取り込まれているかが見える。スケッチがつまらなければ、作品もつまらないのはたぶん、絵画の世界だけでない。
日記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

パッケージ文化

ところ変わればパッケージのデザインもまた変わります。デザイン、というか、考え方、ですかね。

タマゴ。

日本で良くみるような、透明のパッケージはほとんど目にすることがないです。代わりにパルプを固めたものか、こんな発泡スチレン系のパッケージが主流。

そして、タマゴの殻1つ1つに直接なにやら印刷してある。そう、賞味期限。
日本ではあんまり見なかったなぁ。これはこれでとっても分かりやすい。絶対に賞味期限を見失うことがない。だけど、口にするもの(正確には殻は食べないんだけど)に直接人工的な手を加えるというのには、なんだかちょっと抵抗感もあったりします。

自然のものは自然のままが一番。というのは日本的な文化なのかな、と思ったり。食べるものもそうですね、最低限の加工で、素材の味がいちばん活きる方法を考える。どっちがイイか、は別として、そういう潜在的な思想・文化レベルでの差がやっぱりありそうですね、タマゴの賞味期限ですけど。
モノ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)


今住んでる地域には、なかなかイイ感じのショップも少ないので、買い物も目的の1つに据えてカナダのトロントへ。

想像していたよりもずっと大きな街で、街のど真ん中にはトロント大学のキャンパスがあって、なかなか魅力的な街でした。こちらの大学のキャンパスはというと、日本のソレと違って街中のあるエリアに大学の施設がパラパラとあると行った感じ。街と大学、ではなく、街の大学、という雰囲気がとてもイイ。

建築もいくつか見たのだけど、既存建物の改修という点で共通しているこの2つ。

オンタリオ・ロイヤル美術館。設計した人、ダニエル・リベスキンド

一時期リベスキンドが多用していたこのデザイン言語は、旧館を繋ぐ大きなファサードとして外部へのインパクトは相当に大きい。でも内部空間はごく普通のエクステンション計画といった感じで、なかなかこの強烈なデザインが機能しているようには思えなかったな、というのが感想。ベルリンのユダヤ博物館のような強いコンテクストを感じなかったのが一因なんだろうか。


アートギャラリー・オンタリオ。設計した人、フランク・O・ゲーリー。

こちらも既存の改修計画で、ファサードとインテリアが刷新されていました。水平方向に長い曲面のガラスファサードは、この街の間合いではなかなか全体像がつかめなかったんだけど、インテリアは印象的。ごくごく普通の木質系材料を使ったチープな設計の中に、時折ゲーリー流の“毒”が盛られていて、ハッとさせられるのでした。
こういうの、上手いんだなぁ。初めて知ったよ。


というわけで、目的のカナダグースのアウターも購入できて、居酒屋にも行けたトロント。暖かくなったらまた訪れたいな。
建築 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

ツール

こちらのビールは瓶が多いので、栓抜き持ってた方がなにかと便利だよ。と言われまして。いろいろ探してみたんだけど、いまは
コレをカギと一緒に持ち歩いてます。

Gerber Keychain Tool

なんだか色々考えた末にこういうカタチになったのか、あれこれ付け足したらこういうカタチになったのか。どっちなのかよく分からない、お世辞にも整ったカタチとは言えないところも無骨でイイ感じです。

こういう十徳ナイフ的なのって、十中八九それは使わないよね、ってのが付いてるんだけど、これはそんな過剰さがなくて良いです。栓抜きの他に、釘抜き、マイナスドライバー、そしてなんとプラスドライバーが備わっていたのが購入の決め手。これだけ薄くてコンパクトな中にプラスドライバー持ってくるとはなかなかすごい。
まぁそのおかげでキーチェーンを通す穴の位置が微妙なところにきちゃってて、カギと一緒にしたときの納まりは意外と良くないですが。

かゆいところに手が届くモノ、日本の方が気の利いたモノが多いと思ってたんだけど、こちらのソレは全くベクトルが違う。
こんなツールなんて使う日がくるのだろうかと思ってた矢先、自転車が出先でパンクしちゃって。ホイールからタイヤが外れてしまったので、釘抜き部分をタイヤレバー代わりに押し込んだのでした。思わぬところ役に立ったのでもう離せません。
モノ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

まっすぐな

お気に入りのビアパブを発見。ちょっと家から遠いので通うことはなさそうだけど、醸造設備を併設しているのでオリジナルビールもタップでいくつか飲めるのが楽しみ。

だだっ広い店内にパラパラと大きなテーブル、ベンチが置かれ、ポツンポツンと背の高いテーブルとスツールが置いてあります。そのスツール。

iPhoneで撮影。

丸い座面に真っ直ぐ伸びた4本の脚。補強材を兼ねている足置き。段違いになってるのは隣同士の接合部を避けるためなんだろうけど、結果的に足の短い人・長い人に対応できるようになってます。
ほぼ全ての部材が直線で構成されていて、決して細くはないその脚も、スッと真っ直ぐ。ふつうだと、細く見せよう、華奢に見せようと、先細りにデザインしたりするわけです。でも、そんなこと気にせず少々鈍くさい感じにも見えるその脚は、ハイスツールの高さと相まって、なんとなく「ヒザ神」っぽくも見えたりして、とても力強く“踏ん張ってる”ように見えるのがステキだなあ、と。

アノニマス?かどうか、どこまで意図されてるのかは分からないけれど、正直で、簡便で、まっすぐなかたち。
モノ | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

Fallingwater

Fallingwater、って言ってもなかなかピンとこないんだけど。落水荘、の方が長年親しんだ分やっぱりしっくりくる。

行ってきました。

ピッツバーグのダウンタウンから車で1時間ちょっと。近代住宅の傑作の1つであるそれは、建物が“建っている”というよりも、そこに“置かれている”という印象でした。

名作すぎて、今更あれこれ批評するまでもないのだけど。
滝の上にある住宅という強烈なインパクトに起因する外観のイメージばかりが先行しがちだけど、内部空間もそれはそれは驚くべきデザインでした。

コーナー、がない。あらゆる出隅入隅が面取りされていたり、高密度な造り付けの家具によって徹底的に“角”がケアされている様に感じました。そこまでして、ライトは何を消し去りたかったのだろう。
天井高の低さにも驚き。メインリビング以外はどの部屋も2mそこそこ。平面・立面・断面のコンセプトとまったくズレがなく、水平方向への拡がりが強く意識されているのを感じました。この天井高の低さが、「日本的」と感じる強い要素なんだと思います。

あぁ、これはすごいな…と思ったポイントは2つ。主寝室からバルコニーへの連続性と、ゲストハウスのモダンさでした。特にゲストハウスは、母屋の後に建てられたのと、予算が厳しかったことから装飾的なデザインが控えめなのだけど、それが同じデザイン言語を使いながら圧倒的にモダンな空間に翻訳されていて、非常に印象的でした。

学生の頃からの憧れの住宅。まずは1つ。
建築 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

都市のイメージ2

渡米から2週間が経ちました。不慣れな生活とやらなくてはいけない身の回りのことに追い立てられている状況ではありますが、MLB見に行ったりビール飲んだりビール飲んだりしながらそれなりに生活は出来ている状況です。

新しい環境に、いろいろ身近なところで気になるモノやコトがたくさんあります。
街のいたるところにゴミ箱があったり、食生活にデリカシーがなかったり、緑の多さに驚いたり、良いことも悪いことも。街の印象はいろんなモノの集積によって形作られるのだけれど、こちらの都市デザインは概ねおおらかだなぁと思うことがたくさんあります。

その一因がこれかなぁと、気付いたのは最近のこと。

道路のライン。

日本のそれは、ポテッとした厚みがあって、エッジがピシッと決まっていて、とても“姿勢がいい”感じのするものでした。
僕の住んでる街のまわりだけかもしれないのだけど、こちらのソレは、ステンシルしたかのようにエッジがもやっとしていて、なんだかだらしないというか、優しい面持ちです。

道路の白線。デザインという舞台上に上がることもないようなものだけど、歴とした公共のデザイン。以前のエントリーで、マレーシアの横断歩道についても書いたことがあったっけ。こういうものの連続、積層が、多くの社会的印象を形作っているんですよね。そういうことです。
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.
presented by Yusuke Hashimoto "HASH DESIGN WORKS"